HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法

動画ファイルをエンコードするのに人気の有名なフリーソフト「HandBrake」ですが、デフォルトの設定だとどうしても m4v 形式で変換されてしまいます。

そもそも m4v ってiOS や SONY 系に適した動画フォーマットとして派生した形式で、それに対応していない端末もあったりするので、素直に mp4 で保存したいのです。

携帯端末やカーナビで流したりするだけなので、H.264 じゃなくても全然構わないんですよね…mp4 形式の方が若干軽いですし、汎用性があるのでそちらでなんとかしたい!

今回は「HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法」を紹介です。

HandBrake の保存形式が m4v になってしまう問題

HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法

HandBrake は変換後の動画の形式をデフォルトで m4v に設定してしまいます。いろいろ探してみても形式を変更するような箇所はありません・・・。

じゃあ、諦めて m4v で我慢しなきゃいけない…ということではなく、以下で紹介する手順を行うと mp4 形式へ変更することが可能になります。

HanBrake の動画保存形式を mp4 に変更する手順

  1. HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法
    チャプター設定タブを選択して「チャプターマーカを作成」のチェックをはずします
  2. HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法
    保存先の「参照」をクリックして、もう一度保存先ファイルの設定をします。
  3. HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法
    特に変更する箇所はないので、そのまま「保存」を押します。
  4. HandBrakeの動画変換後の保存形式をm4vからmp4へ変更する方法
    保存先の拡張子が「mp4」に変更されます。たったこれだけで m4v から mp4 形式で変換できるようになるのですっ!
注意点

動画変換後のサイズなど、何か設定を変更すると自動的に「チャプターマーカを作成」にチェックが付いて、m4v 形式に戻ってしまうので、この作業は全ての設定が終わった一番最後にやることをおすすめします。

あとがき

ということで、HandBrake でエンコードする動画を mp4 形式で変換する方法を紹介しました。これなら m4v 非対応の端末でも再生することができますっ!

お困りでしたらぜひお試しください。