パソコンブラウザ「Chrome」と「Edge」のキャッシュ削除方法

Windows パソコンのブラウザで最近勢力が強いのは「Chrome」と「Edge」です。当ブログの Windows パソコンからの読者さんは、この2つのブラウザがとても多いですね。

そんな利用者の多いふたつのブラウザですが、意外とキャッシュ削除のやり方を知らないユーザーさんいるみたいなんで・・・

今回は、Chrome と Edge ふたつのブラウザの閲覧履歴や画像のキャッシュを削除する手順を紹介します。

Chrome のキャッシュ削除手順

  1. Chrome のキャッシュ削除手順
    Chrome を開いて右上の「︙」をクリックします。
  2. Chrome のキャッシュ削除手順
    ドロップダウンしたメニューの「その他のツール」を選択して、続いて出てくるメニューの「閲覧履歴を消去」を選択します。
  3. Chrome のキャッシュ削除手順
    「閲覧履歴」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。「Cookie と他のサイトデータ」にはチェックをいれないでください。

  4. 「データ消去」を押す前に期間の設定をしてください。例えば 30分前に詐欺警告が出ちゃって、その URL の履歴を削除したい…ということであれば、1時間以内を選べば OK。期間は臨機応変に選択肢てください。終わったら「データ消去」を押します。

これで Chrome の閲覧履歴や画像のキャッシュ削除は完了です。

注意

先にも記述しましたが、「Cookie と他のサイトデータ」にチェックを入れて「データ削除」してしまうと、今までログインしていたものが全部ログアウトしてしまいます。2段階認証しているログインデータも2段階認証からやり直しになるのでご注意です。

Edge のキャッシュ削除手順

  1. Edgeのキャッシュ削除手順
    Edge を開いて、右上にある「…」をクリックします。
  2. Edgeのキャッシュ削除手順
    ドロップダウンしたメニューの「設定」をクリックします。
  3. Edgeのキャッシュ削除手順
    閲覧データのクリア項目にある「クリアするデータの選択」をクリックします。
  4. Edgeのキャッシュ削除手順
    「閲覧の履歴」「キャッシュされたデータとファイル」「保存して閉じたタブや最近閉じたタブ」の3つだけチェックをいれます。「クリア」を押します。

これで Edge の閲覧履歴や画像のキャッシュデータは削除されました。

あとがき

今回は最近、比較的利用者の多い Windows ブラウザ「Chrome」と「Edge」のキャッシューデータ削除の手順を紹介しました。

ブラウザキャッシュを削除しなければならないことがあったら参考にしてくださいね。