Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

何%オフ?何割引き?○%オフはいくらなのか?一番簡単な計算方法

何%オフ?何割引き?○%オフはいくらなのか?一番簡単な計算方法

      2016/12/16
 雑記・コラム

更新日:2016/12/16   雑記・コラム

midashi-lifehack

長期の休暇になればバーゲンセールが行われます。年末でしたら売りつくしセールとか年始なら初売りセールなど。

そんなセールでは表示価格より「30%OFF」や「3割引き」のような割引率数字が入り乱れるわけですが・・・

はい!で、結局それはいくらないのよっ!??

ぼくのようなお馬鹿さんでは、価格の想像ができません!「店側も結局それでいくらなのかしっかり表示しろよっ!」と独り憤慨しております(笑)

そこで、パーセント計算機能のないスマートフォンの電卓でも「○%オフはいくらなのか」を簡単にできる計算方法を紹介します。

Sponsor link
Sponsor link

パーセントボタンのある卓上電卓なら簡単

例えば、1000円の商品が30%オフだとします。答えは、1000円の30%は300円が値引きされた700円なのですが、これが3980円のような数字だと途端にわからなくなります。

パーセントボタンのある卓上電卓なら計算はとても簡単です。

例えば、1000円の30%(3割)オフを電卓で計算してみます。

dsc_1499

①:「1000」と入力し「x」ボタンを押す。

dsc_1500

②:続いて「30」と入力し「%」ボタンを押す。

dsc_1501

③:するとディスプレイには「300」と値引きされる金額が表示されます。そのまま「-」ボタンを押します。

dsc_1502

④:するとディスプレイの数値が、1000円を30%オフにした700円に切り替わります。

これが卓上電卓の便利機能です!!

因みに、③の状態で「-」ボタンではなく「+」ボタンを押せば「30%増し」の数値が表示されます。

・・・ここまで書いといてアレなんですが、バーゲン中に卓上電卓があるのか?ってハナシですよね(笑)

パーセントボタンの無い電卓での計算方法

screenshot_20161214-114126

ぼくのスマホに最初から入っている電卓にはパーセントボタンがありません。あえてアプリで広告付きの電卓をいれたくもないので、この電卓でパーセントオフの計算をしなければいけません。

まず、100%オフ(10割引き)は無料、50%オフ(5割引き)は半額だということは誰でもわかると思います。

例えば30%オフだと、値引きが30%で、実際に支払う金額は70%ということになります。したがって、パーセントボタンの無い電卓では、その実際に支払う方のパーセントで計算することになります

3980円の商品が30%オフでの計算例

  1. 3980円の30%オフの場合、実際に支払うのは70%ということになります。いくらになるか計算するにはその70%を使います。
  2. 70%から「%」をはずすと、「0.7」となります。これはもう機械的に覚えてください。
  3. 電卓で「3980 x 0.7」と計算します。答えは「2786」とでます。すなわち、3980円の30%オフは「2786円」ということになります。

全体の金額 ✕ 実際に支払う側の%(0.x) = ○%オフになった金額

まず、実際に支払うパーセンテージを暗算で出します(5%引きなら、実際に支払うのは95%分)。そして、値引き前の金額と実際に支払うパーセンテージを掛け算します。この時、四の五の言わずに必ず掛ける数字は「0.x」とします。10%なら「0.1」、40%なら「0.4」、75%なら「0.75」です。

あとがき

この計算をすると多少誤差(数円)がでるかもしれませんが、ほぼパーセントオフの値引き後金額がだせます。

ぼくには、なぜ「0.x」にするのかを説明できる頭脳はありません!とにかくパーセント計算するときには、何も考えず機械的に掛ける「0.x」してください(笑)答えがわかればそれでいいんですっ!!

というわけで、今回は「パーセントオフの計算方法」を紹介しました。ぜひバーゲンセールでお役立てください!!