Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

デジカメで美しい花の接写写真を簡単に撮る3つのコツ(マクロ撮影)

デジカメで美しい花の接写写真を簡単に撮る3つのコツ(マクロ撮影)

Sponsor link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

      2016/12/06
 カメラ

更新日:2016/12/06   カメラ

midashi-camera

暖かくなってくると、庭に野山に沢山の花が咲きます。美しい花を見かけるとSNSやブログへ使いたい、はたまた印刷したいなどの理由でシャッターを切ることも往々にしてあります。

しかし、後でゆっくり撮影した花の写真を見てみるとぶれてしまっていたり、ぼやけていたりと使い物にならないことってありませんか?

今回は、接写に優れた高価なカメラやレンズではなくても、花の写真が素敵に撮れるコツを紹介したいと思います。

Sponsor link
Sponsor link

はじめに

今回紹介する方法は、カメラ以外にトリミング(写真の切り出し)アプリが必要になります。一般的なコンデジやスマートフォン、マクロレンズではない一眼レフなどでは接写するとボケたりブレたりしやすく難しいです。

カメラは「足し算」写真は「引き算」とよく言われます

カメラは「足し算」、写真は「引き算」とよく言われます。

カメラは足し算

例えば美しい花の写真をより素晴らしく撮るためにはマクロレンズが必要だったり、それに特化した機能が必要だったりと、追加要素として「機能やアクセサリ」が必要になります。追加要素があればあるほど状況にあわせて良い写真が撮りやすくなりますが、お金がかかります。

写真は引き算

目の前に広がる風景のどこを写真に納めるか。どれを起点にして納めるか。全てを入れても良い写真にはなりませんし、いらない部分は切り捨てなければなりません。

しかし、コアなカメラユーザーではない限りいちいちそんなこと考えてられません。今回の方法は、カメラは「なんでもOK」、写真は「足し算したあとに引き算」という感じです。

用意するもの

  • カメラ(できればデジカメ)
  • トリミングができるソフトウェアまたはアプリ

あった方がよいもの

簡単に素敵な接写写真がつくれる方法

撮影前のカメラ設定

カメラの画質(撮影サイズ)は一番最高のものにしておいてください。中途半端なサイズの画質にしておくと写真を切り出した時に荒くなってしまいます。

撮影方法

まずは撮りたい花を見つけたら、普通なら花にかなり近づいて撮ろうとするんじゃないでしょうか?

一般的なコンデジやスマートフォン、マクロでは無いレンズではそんなに近づいてしまうとブレたりボヤケたりと失敗する確立が跳ね上がります。

そこで、少し離れて狙った花がブレずにしっかりとれる位置から撮影します。ピントがあう限界あたりまでカメラと花と距離をあけます。デジカメならシャッター半押しでピントがしっかり合う位置です。

狙った花がブレたりボケたりすることなく写っているのを確認します。

サンプル写真

160412-007_1

ぼくはこんな感じでノースポールの花を撮りました。もちろん本当は花ひとつにクローズアップした写真が撮りたかったのですが、とりあえず一番ピントが合うこの距離での撮影です。

大元の写真サイズは「5184 x 3456」と一番大きい設定で撮影したものです。

PCなどでトリミングを行います

撮影した花の写真を今度はPCなどでトリミングソフトを使って見せたい大きさに切り出しを行います。

psmacro

ぼくは写真のトリミングを行う時には主に、Adobe Photoshop または Adobe Lightroom で行っています。

トリミング後の花の写真

160412-007

どうですか?ふつうに接写撮影をした場合とほとんど遜色がなく美しく仕上がっていると思いませんか?

トリミング前と後を並べてみます。

160412-007_1

Before

160412-007

After

他にもやってみました。イモカタバミの花です。

160422-050_1

Before

160422-050

After

これが足し算のあとに引き算です

このように、接写しすぎると花は上手く撮ることができないので、周りにいろいろあっても気にしないで狙った花が入っていれば良いというスタンスで撮影したあとに、トリミングソフトを使って引き算をして完成させます。

トリミングソフトについて

ぼくは上述の通りAdobeのソフトウェアを使って写真の切り出しを行っています。Adobeソフトのメリットはトリミングをして保存した時の画像劣化がないことです。

また、Adobeソフトは画像を切り出す時に、写真と同じ適切な画角(サイズ・形)で切り出すことができるので重宝します。サンプル画像は3:2で撮影し、3:2きっちりで切り出しています。これが簡単にできるフリーソフトは少ないです。

もちろんフリーソフトでも劣化せずに保存できるものはあります。Adobeソフトは高価ですから・・・一部のフリーソフトだと保存後に劣化してしまうもののあるので気をつけてください。

個人的にオススメなトリミングソフト

有料

Adobe Photoshop CC & Lightroom

無料

まとめ

今回は長々と、デジカメで美しい花の接写写真を簡単に撮る3つのコツ(マクロ撮影)を紹介いたしました。少々変則的ですが、コツ3つをまとめると以下。

  1. カメラの記録画質は一番大きなものに設定
  2. 近づき過ぎないように少し距離をあけて撮る
  3. 狙った花をトリミングして美しい接写を表現する

おでかけが楽しい季節なので是非カメラをもって遊びにいってきてくださいね!