Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

今僕が総合的に一番おすすめだと思う5万円くらいまでのコンパクトデジカメを紹介

今僕が総合的に一番おすすめだと思う5万円くらいまでのコンパクトデジカメを紹介

Sponsor link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

      2016/12/06
 カメラ

更新日:2016/12/06   カメラ

midashi-camera

段々と暖かくなってきました。これからの季節は山あり海あり、入学式から始まり運動会や文化祭と次の冬を迎えるまでノンストップでイベントが目白押しです!!

特に海外旅行やお子さんの運動会などはその時一度だけの思い出。そんな素晴らしいイベントをスマートフォンカメラだけで済ますのはちょっともったいないと思いませんか?

今回は「今僕が総合的に一番おすすめだと思う5万円くらいまでで買えるコンデジ」を独自の選定基準で選び紹介したいと思います。是非デジカメを使って欲しいんです!!

Sponsor link
Sponsor link

今回の選定基準

  1. 5万円以内で購入できること
  2. 写真の画質がスマートフォンよりも断然綺麗
  3. 動画の性能がスマートフォンより断然上
  4. 自撮りができる
  5. スマートフォンよりも広角で撮れる
  6. 光学ズーム性能(より高倍率)
  7. オートでもそこそこ綺麗に撮影できマニュアル撮影もできる

選定理由の補足

1.「5万円以内」で購入できること

やはりよほどのカメラ好きでは無い限り5万円を超えてしまうのは現実的ではないと思います。かといってあまりに安価なものだとスマートフォンとの差異は感じられず、安物買の銭失いになってしまうので慎重に選定します。

2.写真の画質がスマートフォンよりも断然綺麗

スマートフォンよりも画質(写真のうつり)が綺麗ではなければ意味はありません。手ブレの補正などの機能、簡単に撮れて綺麗に写るということも選定基準にいれています。

3.動画の性能がスマートフォンより断然上

こちらもスマートフォンより上でないといけません。写真だけではなく動画性能も高くなければデジカメを選ぶ意味がありません。スマートフォンよりも綺麗で手ブレの補正もしっかりしているもの。

4.自撮りができる

スマートフォンにはフロントカメラがあり、自撮りが簡単にできます。代わりに使うデジカメにも自撮りができる機能が入っていなければ意味がありません。

5.スマートフォンよりも広角で撮れる

折角の綺麗な風景です。スマートフォンよりも広い範囲を写せなければ意味がありません。

6.光学ズーム性能(より高倍率)

スマートフォンには光学ズームがありません。スマートフォンに搭載されているのはデジタルズームで、ズームをすると画質はガビガビになります。光学ズームは自然なズームをしますのでスマフォズームと比べてとても綺麗です。このズーム性能がより優れていたほうが離れた場所のお子様の表情や動物のしぐさなどを描写するときに役に立ちます。

7.オートでもそこそこ綺麗に撮影できマニュアル撮影もできる

スマートフォンは簡単に撮影できます。やはりデジカメでもオートで簡単にそれでいてそこそこ綺麗に撮れなければいけません。また、いざというときにマニュアルで撮影もできたほうが良いと思うので選定基準にいれます。

以上のことを考慮しながら選んだカメラが以下の2点です!

SONY Cyber-shot HX90V

価格はリンク先ページ参照

まずはSONY「Cyber-shot HX90V」です。この機種はSONYの中では歴史あるシリーズで2009年発売のからモデルチェンジを重ねて進化し続ける「HXシリーズ」の最新モデルです。ヘビーユーザーからライトユーザーまで誰でも「使いたい」と思う機能がふんだんんに詰まった逸品です。当然画質はスマートフォンとは比べものにならないくらい差がありますよ。

簡易スペック

画素数 約2110万画素
センサーサイズ 1/2.3 Exmor R CMOS
広角性能 24mm~(35mm換算)
F値 F3.5 – 6.4
ズーム 光学30倍
モニター 3.0型

キタムラが押すポイント

光学30倍ズーム

コンパクトボディに光学30倍ズームという凄まじいものを搭載しています。スマートフォンはデジタルズームなのでズームするとガビガビ画質になりますよね。光学ズームはズームをしても画質の劣化がほとんどない「光とレンズ性能」を使ってズームをします。そして30倍々がどのくらいスゴイかというと・・・・

30bai

このぐらいスゴイんです!!持ち運びはコンデジなので楽ですから、旅行にお子さんの運動会にと大活躍は間違いないと思いますよっ!!!

電子ファインダー付き

61GpgfrzUnL._SL1200_

背面モニターの他に「電子ファインダー」が搭載されていて、ボタン一つでポップアップします。一眼レフは必要ないが、一眼レフのように写真はファインダーを覗きながら撮りたい方にはもってこい!また、電子ファインダーですから覗いた先が電子モニターです。非常に見やすいと思いますよ。

自撮りができます

61xOqO4YpTL._SL1200_

背面モニターが180度稼働しますので、スマートフォンとは違い美しく撮影ができるレンズで自撮りが出来ます。家族と自撮り、カップルで自撮り・・・気軽なのに美しく思い出を切り取ることができますよ!!

さすがすぎる!SONYの動画性能

このシリーズは毎度すばらしい動画撮影性能なんです!手ぶれ補正はもちろんのこと画質も良くハンディカム並です。光学30倍撮影とこの動画性能を合わせれば、運動会や旅行などでは無敵です!!

YouTube動画で良いサンプルがありましたので添付いたします。歩き撮影でこのヌルヌル感は恐れいります。


 

>製品公式ページ

>HX90V 撮影サンプル(PHOTOHITO)

OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough

もう一つはOLYMPUS「STYLUS TG-870 Tough」を紹介します。タフシリーズと呼ばれている本機種ですが見た目通りアウトドア特化で「頑丈・防水」を前面に押し出しています。しかし、実はコンデジ最高峰の広角性能や強烈な手ブレ補正など繊細な機能を兼ね揃えた万能コンデジなんです。

簡易スペック

画素数 約1600万画素
センサーサイズ 1/2.3 CMOS
広角性能 21mm~(35mm換算)
F値 F3.5 – 5.7
ズーム 光学5倍
モニター 3.0型

キタムラが押すポイント

水陸両用の超タフ性能

水中OK・落下などの衝撃にも強く、熱い砂浜、寒い雪山など温度にも超強いタフなカメラです。これ1台でどこにでもいけちゃいます。それでいて画質をおろそかにすることはなく、スマートフォンと比べても雲泥の差があります。

21mmというコンデジ最高峰の超広角レンズ

21mmsmp

左が28mmレンズで右が21mmレンズの本機です。同じ位置で撮影しているのに本機の方がより広い範囲を写せています。この差はすごいことで、風景を撮影した時にはより広大で雄大な表現を伝えることができ、人数が多い集合写真では端までしっかりと写すことができます。コンデジ業界最高峰の広角性能を誇ります。

アウトドア仕様なのに自撮りOK

91xluZPstjL._SL1500_

背面モニターが180度稼働しますので自撮りができます。シュノーケリングで美しい水中風景と自分をセルフで撮影したり、プールで愛娘とツーショット自撮りをしたりと用途は幅広く、この機種にしかできないスペシャルな写真が撮れることでしょう。

動画性能にも手抜きなし

「オリンパスならではのタフ性能」をうたっているだけあって、死角はありません。動画性能も素晴らしく、ネットで調べてみると、モトクロス(自転車)やバイク動画、スノボ動画など「揺れる」動画撮影のサンプルが多く見受けられました。

YouTubeに良いサンプル動画があったので添付いたします。動画はひとつ前の機種でT860ですがこの性能。本機T870はその後の機種なのでこれよりも性能は上だということを念頭にご覧ください。


 

>製品公式ページ

>撮影サンプル(公式ページ)

今回紹介のカメラが買えるのはこちら

店頭で購入するよりもネットショッピンから購入したほうがお安く買えるのが現実・・・。店頭購入へのこだわりがなければお得な方を選ぶべし!です♪

SONY Cyber-shot HX90V

OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough