Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

格安SIMのLINEモバイルってどうなの?契約してみたので感想を書きます

格安SIMのLINEモバイルってどうなの?契約してみたので感想を書きます

      2017/05/19
 スマートフォン, タブレット

更新日:2017/05/19   スマートフォン, タブレット

最近このCMをよくみかけます。「のん」出演の「キリンジ」のテーマソングがお洒落な LINEモバイルのCMですが、今回はそのLINEモバイルについて。

もはやLINE大国といっても言い過ぎではない日本。そのLINEが販売する格安SIM「LINEモバイル」って実際にどうなの?お得なの?と気になる方も多いはず。そんなLINEモバイルを筆者が契約してみましたので、使い勝手や速度などを検証した感想をお送りします。

Sponsor link
Sponsor link

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは、LINE全盛の現在の日本にとてもマッチしたサービスを展開していて、一般的な格安SIM性能プラス、カウントフリーと呼ばれる「契約容量とは別に、LINEのトークと通話が使い放題」や「LINE以外のSNSへの接続容量無制限」など他社にはないユニークな特典があります。

それではもっと詳しくLINEモバイルの特徴をあげてみます。

  1. LINEアプリの通話・トーク・画像と動画の送受信・タイムラインが使い放題。
  2. ひとつプラングレードをあげると、Instagram・Twitter・Facebookに発生するデータ通信も発生せず使い放題。
  3. 月額500円(1GB)のコースからあるので、データ通信頻度の低いユーザーやサブで持ちたいユーザーが契約しやすい。
  4. 一般電話回線の通話には話し放題プランはない。5分間話し放題もない。(LINE通話が容量無制限なのでいらないか)
  5. 余ったデータは次月へ繰越可能
  6. 契約容量が底をつくとネット速度は大幅に低下するが、LINEやその他SNSの速度は高速通信のままという神サービス。(他SNSはグレードが上のプラン)
  7. LINEモバイルからのLINEアカウント登録はSNS認証をスキップでき、年齢認証も契約者が18歳以上なら自動的に認証される。

とにかくLINEやその他のSNSに特化したサービスがLINEモバイルです。

LINEモバイルのプランと料金

LINEモバイルは2つのプランしかありません。非常にシンプルです。

CMや広告では、月額「1,110円から」と表示されますが、実際は月額「500円から」利用可能です。LINEだけがデータ容量無制限になれば良いという方は、月額500円(税抜)で利用できちゃいます!

では以下から詳しいプラン説明をしますね。

LINEフリープラン

LINEフリープラン料金

  • 月額500円 / 1GB
  • 1GB=テキストメール(300文字)=約66,000回
  • 1GB=ウェブサイト(300KB)=約3,300回
  • 1GB=YouTube(4MB)=約4時間

LINEのトークと通話などが使い放題(容量無制限)になるプランです。1GBと低用量ですが、いままでLINEに使っていた容量分がフリーになるので、1GBでも事足りてしまうユーザーさんは多いのではないでしょうか?

注意点:開通手数料として3,000円かかります(初月だけ支払う金額です)。

>もっと詳しくは公式ページから

コミュニケーションフリープラン

LINEモバイルコミュニケーションフリープラン

  • 3GB・5GB・7GB・10GBから選択
  • 月額1,110円~2,640円
  • 3GB=テキストメール(300文字)=約198万回
  • 3GB=ウェブサイト(300KB)=約9,900回
  • 3GB=YouTube(4MB)=約12時間

こちらのプランは3~10GBの間で自分にあった容量を選んで契約します。特徴として、LINE以外の現在主要SNSの容量制限がなくなるという太っ腹プランです。画像や動画データは重いので、もの凄いアドバンテージです。これで3GBが1,110円は破格じゃないでしょうか。

注意点:開通手数料として3,000円かかります(初月だけ支払う金額です)。

>もっと詳しくは公式ページから

LINEモバイルはこんな人に向いている

  1. 日頃、連絡はLINEで行う。通話もLINE。LINEのハードユーザーさん。
  2. InstagramやTwitterなどSNSをスマホからバンバン使う。
  3. 旦那や妻、子どもや孫とLINEでやり取りはよくするが、その他インターネットの利用は少なめ。そんな方は1GB(月額500円)で十分かも。
  4. これから初めてスマートフォンを使ってみようと思っているユーザーさん。
  5. LINEやSNSはよく使うが、容量のすべてをゲームについやしたい!そんなときにはLINEモバイル。
  6. データ容量が底をついても、LINEやその他SNSサービスは速度低下をおこさず高速通信のままなので、その恩恵を受けたい方。

LINEモバイルの「超おすすめポイント」

LINEモバイルを実際に数日使ってみて筆者がおすすめだと感じたポイントを2点ほど紹介したいと思います。

データ通信の速度が速い!!

上の画像は、実際に自分の所有しているSIMの通信速度を誤差1時間以内で計測した結果です。計測にはdocomo契約(Xperia Z3)とOCNモバイルONE契約(MediaPad x1.7 0)とLINEモバイル契約(MediaPad x1.7 0)をそれぞれ使用。

LINEモバイルはなんと・・・

本家docomoLTE回線よりも通信速度が速いぢゃん!!

これは驚くべき結果です!!もう2回計測しましたが、ほぼ同じ結果でした。うちのへなちょこ自宅Wi-Fiより速いよ (´・ω・`)

通常、格安SIMはdocomo回線を間借りして使用されている関係上、本家よりは遅いはずなんだけどね・・・。

ぼくの勝手な推測ですが、LINEモバイルはまだ契約者が少ないので速いのかもしれません。なんにせよ現状では、LINEモバイルはdocomoのLTEより速い!!

※計測結果はあくまでも現在のこちらの環境下における結果です。必ずしもすべての環境下で同じ結果になるとは限りませんのでご理解ください。

画像と動画のデータ通信量カウントがフリー

上のサンプル画像はスマホで録った動画の詳細データなので214MBです。この動画をLINEのトークに貼り付けた時には単純に214MBの通信量を消費するわけです。

スマホで1分半程度の動画を録るとこのくらいのファイルサイズになりますから、動画をトークへよく投稿する方は痛いですよねっ!200MBの動画を5個も投稿すれば1GB消費しちゃうんですから・・・。

しかし、LINEモバイルはLINEトークや他SNSへの画像と動画の投稿に関してはカウントフリーなので非常にデータ通信量節約になります!!

これをおすすめポイントと言わずしてなんと言えばよいのでしょうかっ!!

LINEモバイルの申込み方法

LINEモバイルの申し込みはPCとモバイル端末どちらからでも可能で、以下の公式サイトリンクから非常にわかりやすく簡単に申し込みができます。

申し込みページの文面をしっかり読んで、指示の通りに入力していけば特に難しいことは何もありません。

>LINEモバイル公式ページ

 

LINEモバイルの端末設定(APN設定)

LINEモバイルがスマートフォンやタブレットで通信できるように設定する方法は以下の公式ページを参照すると非常にわかりやすいです。ぼくも参考にしました。

公式ページではAndroidとiOS双方の通信設定方法が紹介されています。

データ使用量の調べ方

本ブログ別記事で紹介していますのであわせてご覧ください。

LINEモバイルのデータ利用量ってどうやって見るの?簡単に調べる方法
LINEモバイルと契約して無事にデータ通信ができるようになったが、月にデータをどれだけ使ったかのデータ利用量を調べる方法ってどうやるんでしょう? LINEモバイルのデータ通信量(残量)を調べるには、LINE…

あとがき

ぼくが思うに、この「LINEモバイル」は最強のコストパフォーマンスSIMじゃなかろうか。LINEや他SNSのデータ通信量無制限は他社の格安SIMではできない離れ業。

しかも、データ通信容量が底をついたとしても、LINEや他SNSのデータ通信に関しては速度低下をおこさない!容量なくてもLINE通話は快適にできちゃうんですよっ!!

データ通信用の格安SIMを契約するなら現状LINEモバイルが最強だろっ!

ということで「LINEモバイル」の感想でしたっ!!契約しようかどうしようか悩んでいる方の背中を押す記事になれば幸いです。

>LINEモバイル公式ページ