Lenovo がパソコン「最大52% OFF」ボーナスセールを開催中(12月12日まで)

4000株のアジサイが咲き誇る「いこいの里園」鹿児島鹿屋のおすすめスポット

梅雨の風物詩といえば紫陽花。6月は全国的にアジサイが美しく咲き誇る季節。

ぼくはといえば、毎年アジサイの写真を撮影するのを楽しみにしているのですが、今年は住まいの関東を離れ、遠く鹿児島県まで美しいアジサイを撮影しに行きました。

今回は『今が旬!鹿児島県鹿屋市にある約4000株の紫陽花が鮮やかに咲き誇る「いこいの里園」に行ってきました』をお送りします。

鹿児島県鹿屋市にある紫陽花スポット「いこいの里園」

今回アジサイを撮影しに訪れた「いこいの里園」は、鹿児島県鹿屋市にあります。地図でいうと、錦江湾の右面、鹿児島空港から下、垂水市を更に下ったところに位置します。

斜面に約4000株のアジサイが所狭しと鮮やかに咲き誇る鹿児島有数の紫陽花スポット。入場料は無料で、少数台ながら駐車場もあります。

この「いこいの里園」は、これだけの規模にもかかわらず、企業や組織団体が運営しているわけではなく、個人運営だというのを聞きめちゃくちゃ驚きました。

何年もかけて少しずつ植えて手入れをして育まれた、熱意と愛に満ち溢れる素晴らしい紫陽花スポットなのです。

ブログの運営に通ずる部分があり、かくあるべきだな・・・と気持ちが高揚しました。

園内はアジサイに囲まれた小道から散策できます

いこいの里園内は斜面にたくさんのアジサイが咲き乱れています。そのアジサイの合間合間に小道や階段が用意されていて、間近で鮮やかなアジサイを鑑賞できます。

都市部では小ぶりの西洋アジサイが多いと思うのですが、いこいの里園は、大ぶりで楕円のアジサイが所狭しと咲き、ちょっとしたアジサイの名所なんかだとまったく敵わないくらいのもの凄いクオリティです。ここはスゴイよ。

小道はとても狭いのですが、それがアジサイの渓谷といった風を醸し出しています。右を向いても左を向いても先に目をやってもアジサイでいっぱい! すごいですよ!!

斜面の上の方には「展望所」が用意されていて、ここから観る「空・海・山・アジサイ」のコラボは絶景のひとこと。美しいです。

梅雨真っ只中だというのに、幸いにも天候に恵まれて良い写真が撮れました!!

今回撮影した「いこいの里園」のアジサイ写真

斜面にいっぱいのアジサイが美しい。

雫がついたアジサイが青空に映えて、本当に美しいです。ぼくはマゼンダカラーのアジサイが好きなので一枚アップで記録と記憶に残しました。

斜面の途中には木陰の休憩スポットもあり、汗ばんで火照った体を癒やしてくれます。

展望所から臨む絶景は「素晴らしい」のひと言。上には「青空」、遠くに「錦江湾」、中距離に「新緑の山」、眼前にはまるでミルキーロードのような「紫陽花」・・・なんと贅沢な景観か。

一緒に行った甥っ子は、花よりも葉に着くカタツムリに夢中のようです(笑)

いこいの里園の情報

アクセスマップ

  • 名称:いこいの里園
  • 住所:鹿児島県鹿屋市天神町3307-2
  • 営業時間:8時~17時
  • 休園日:6月は無休
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料

駐車場について

敷地内の駐車場は10台ほどしか停められません。道幅が狭いので、過度な路上駐車はまずそうですが、多少なら路駐も大丈夫なようです。今回平日の11時頃に訪れたのですが、駐車場はすでに満車で路駐6台でした。

園の方に話を伺ってみると、土日はやっぱり混んでヤバイみたいなので、訪れるなら平日が良いと思われます。

あとがき

いこいの里園は、運営者さんの愛と情熱が詰まった素晴らしい紫陽花スポットでした。それほど広い敷地ではありませんが、アジサイ密度がハンパじゃないので「浴びるほどのアジサイ」という形容がぴったりです。

6月が旬のアジサイを思う存分愛でることができるスポット「いこいの里園」おすすめです。訪れて損はない素晴らしいスポットでしたっ!!

今回撮影したカメラ

CANON の EOS Kiss X シリーズ(X4)と標準レンズです。一眼レフ軽量利便性コンボ。

一眼レフはコンデジやスマホみたいに液晶画面を見て撮影せず、ファインダーから覗いて撮影するので超省エネ。電源を入れっぱなしで歩きまわれて、撮りたい時にすぐに撮影できるもっともレスポンスに優れたシャッターチャンスに強いカメラなのですっ!