Windows 10 は各バージョンごとにサポート期限があるのを知っていますか?

About Windows 10

Windows 10 は、旧来の Windows シリーズのように新しい OS に切り替わることが無く、最後の Windows といわれています。

特徴として、年2回の大型アップデートを行うことによって、常に最新の OS として維持されます。それらのバージョンアップは誰でも無償で受けることができます。

注意すべき点は、Windows 10 のアップデートバージョンにもサポート期限があるということです。

当然、サポート期限を迎えた Windows 10 アップデートのバージョンは、XP や Vista などサポート切れの旧来 OS と同じようにサービス更新が停止しますので、セキュリティの危険を伴う「使ってはいけない OS」となります。

今回は「Windows 10 各バージョンごとのサポート期限」を紹介します。

Windows 10 各バージョンごとのサポート期限一覧

Windows 10 各バージョンごとのサポート期限は公式ページより抜粋しています。

バージョン名 バージョン番号 サービスの終了
Windows 10(初期ロット) 1507 すでに終了
November update 1511 すでに終了
Anniversary Update 1607 すでに終了
Creators Update 1703 すでに終了
Fall Creators Update 1709 2019年4月9日
April 2018 Update 1803 2019年11月12日
October 2018 Update 1809 2020年4月14日

各バージョンのサポート期限は約1年半程度です。

期限の切れたバージョンを使い続けるのは、たとえ Windows 10 だとしても XP など期限の切れた旧来 OS と同じく危険なので最新版へアップデートするようにしましょう。

自分の Windows 10 バージョンの確認方法は以下のリンク先を参照してください。

Windows 10 はいつでも無料でアップデートできます

Windows 10 であれば、どのバージョンからでも最新のバージョンへ「いつでも誰でも無料でアップデート」することができます。

サポート期限を迎えた OS への安全面は、セキュリティソフトではカバーできない部分なので、ここはしっかりアップデートを行うべきです。

手動で最新バージョンへアップデートするには以下の公式ページより「今すぐアップデート」を選択して下さい。

アップデート方法がよくわからない方は、ここからアップデートするのが一番簡単です。

あとがき

このご時世、パソコンを使うなら一番気を使わなければいけないのが「セキュリティ」なのではないでしょうか。

まあ、一般の個人にできるセキュリティ対策なんてたかが知れていますが、それでも、こと OS のアップデートに関しては誰にでもできる最も有効なセキュリティ対策だと思います。

まして、Windows 10 のバージョンアップデートに至っては、新しい OS を有料で買うわけではありません。無料で配布してくれているんです。やりましょう。