詐欺メール「私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました」の見分け方と対処方法

Apple を語った詐欺メール

最近「私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました」という ↑ のようなメールが来ることありませんか?

これ「詐欺メール」です。

画像は母の iPhone へ届いたメールなのですが、これを見た母は大変慌てて、メールにあるリンクをタップし、パスワードを入力しようとしていました。

もちろん止めました!

下のコーピーライトにはもっともらしい Apple の会社情報がコピーされていますし、うちの母のような年配には心臓に悪い詐欺広告。騙されても不思議はありませんよね・・・。

今回は「Apple を語る詐欺メールが来たときの本物かどうかの見分け方チェックポイントと対処方法」を紹介します。

詐欺メールかどうかのチェックポイント

日本語がおかしい

Apple を語った詐欺メール

まず、この番号なに? こんな番号ないでしょ。

「お客様各位」・・・このメールって自分にピンポイントで来たものでしょ?

個人のアカウントを無効にしましたってメールなんだから、各位=皆様「複数」にお知らせする時に使う「お客様各位」を使うのはすでにのっけからおかしいですよね。

お客様各位ではなく、「キタムラ様」のように登録者の名前を明記するのが正しいですよね。

続いて、「アカウントの活動に大きな変化が見られました…」これも変。

なんかの翻訳システムで日本語に変換したのかな?「アカウントの活動」なんて表現を日本語ではしないでしょ。

本物の Apple からなら「セキュリティの問題によりあなたのアカウントはロックされました」みたいな書き方をします。

リンク先や表記がおかしい

Apple を語る詐欺メール「リンク先や表記がおかしい」

Apple ID がロックされた場合に、ロックを解除するために手続きをするウェブページの URL はこんな胡散臭い長ったらしいものではありません。

https://iforgot.apple.com

公式のやつはたったこれだけの短い URL です。

また、最後の「iCloudサポート」の部分は、公式であれば・・・

「iCloudチーム」

と記載されます。

そもそもメールアドレスが Apple じゃない

Apple を語る詐欺メール「そもそもメールアドレスがAppleじゃない」

メールの「From」(届いたメールアドレス)を確認すると、もうこんな感じの最高に胡散臭いメールアドレスです。

Apple からのメールは @ マーク以降に絶対「apple.com」が含まれます。

これで「はい、詐欺確定!」と確信をもっていえます。

詐欺メールの目的

あなたの Apple アカウントを乗っ取ること。

個人情報や金融情報などの収集、あなたになりすまして悪事に使うなどが考えられます。

詐欺メールが来たときの対処方法

無視すること!

これに尽きます。

詐欺メールだと確認したら即断で受信箱から削除しちゃいましょう。

間違ってもリンクをタップしたり、返信したり、電話をかけるなんてことはしないようにしてくださいね!!(電話番号が書いてあれば)

本記事のまとめ

今回本ブログに添付した画像はあくまでも一例です。

ここがポイント!

他にも様々なバリエーションが確認されていますが、チェックポイントや対処方法は同じです。重要なのは慌てて軽率な行動をとってしまわないことです。

チェックポイント

  • 日本語や表記のおかしい箇所をチェックする
  • メールアドレスに「apple.com」が含まれているかチェックする

対処方法

  • 詐欺メールは無視する
  • リンクは絶対にタップしてはダメ
  • メールに返信しちゃダメ
  • 電話番号が書いてあっても電話をかけちゃダメ

とにかく詐欺メールは反応しなければ全く問題ありません。アクションさえ起こさなければ不幸はありませんので無視をきめこんでくださいねっ!

しかし、あの手この手で汚い金を稼ごうとしてくるなぁ・・・。