Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

意外と知らないスマホの電卓で消費税計算する方法(iPhone・Android)

意外と知らないスマホの電卓で消費税計算する方法(iPhone・Android)

Sponsor link

最近では商品が税抜き価格で表示されていることも多く、先日買い物中に友人がおもむろにスマホを取り出してなにやら四苦八苦したあとに「なあ、消費税計算ってどうやるんだっけ?」と尋ねてきた。

友人は「家の電卓は金額を打って税込ボタンを押せばすぐにでてくるんだよね~」と・・・まあたしかに卓上電卓なら大体その機能ついてるわな。

今回は「スマホの電卓で消費税計算をする方法」をブログします。

Sponsor link
Sponsor link

スマホに初めからある標準の電卓はおおむね税込ボタンはありません

スマホの電卓ってこんな感じのシンプルな電卓で、当然パーセントも税込ボタンもありませんよね。この電卓で簡単に消費税計算をする方法です。

スマホの電卓で消費税計算をする方法

消費税は8%です。例えば100円の商品を税込にすると「100+8%=108円」です。

しかし、スマホの電卓には「%」ボタンが無いので、これを「%」なしの数字に変換しなければなりません。8%を「%」なしの数字に変換すると「0.08」です。

したがって、スマホの電卓で消費税を出す計算は「100x0.08=8」とう式になります。

スマホの電卓は便利なので、さらにその流れで税込価格も同時計算することができます。では実際のスマホ電卓を引き合いに出しながら計算方法をみてみましょう。

100円の商品に対しての消費税計算

スマホの電卓に「100x0.08+100」と入力すれば税込108円と答えがでます。

100円に0.08(8%)を掛けると「8」と消費税がでるので、「8」に再び商品の税抜価格である100円を足すと税込価格となります。

もう少し複雑な数字で同じことをやってみます。

1,980円の商品に対しての消費税計算

100円の時と同じように「1980x0.08+1980」と入力すれば税込2,138円と計算されます。

1,980円に0.08(8%)を掛けると「8」と消費税がでるので、「8」に再び商品の税抜価格である1,980円を足すと税込価格となります。

消費税の少数点以下の計算は法では定められていないので、切り捨て、切り上げ、四捨五入いずれかを商店の裁量で選ぶことができますが、日本の場合、ほとんどの商店が「切り捨て」を採用しています。切り上げを選択しているところは悪どいかもしれませんね。

したがってこの計算の場合は「2138.4」なので小数点以下切り捨てで「2,138円」が税込価格となるわけです。

あとがき

とまあ、消費税の「8%=0.08」と覚えてしまえば、あとはスマホの電卓でも簡単に税込価格を出すことができます。

「税抜価格x0.08+税抜価格=税込価格」

と覚えればラクショーです!

というわけで、今回は「スマホの電卓で消費税計算をする方法」をブログしました!