Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

実のところ Mac のグラフィック処理能力はそんなに高くない

実のところ Mac のグラフィック処理能力はそんなに高くない

Sponsor link

      2017/08/08
 Windows, Macintosh, ネガティブスピーチ

      2017/08/08
 Windows, Macintosh, ネガティブスピーチ

ぼくは Windows と Mac を両方使います。もちろん双方で違う個性があるので両方好きです。ただ、ぼくの場合は若干 Windows の方が使い慣れているのでメインが Windows です。

ところで、「画像・動画・グラフィックなどクリエイティブな作業をするなら絶対 Mac 一択! Windows なんかじゃだめだよ」という方に久しぶりに出会ってしまい、「何をいっているんだ?コイツ」と思いながら話をきいていたのですが・・・。

グラフィック処理能力に関しては、実のところ Mac よりも Windows (特にデスクトップ)の方がはるかに高いんですよ!! これは両方使った上でのことなので間違いないと思っています

Sponsor link

Mac は グラフィックボード増設できないでしょ?

Mac でグラフィック作業をする多くのユーザーは MacBook Pro を使っていると思います。 確かに画面は綺麗だし、見た目もカッコイイので性能もすごいと思われがちですが・・・

MacBook Pro のグラフィックスは所詮「Intelグラフィックス」なんですよっ!

例えば、MacBook Pro 2017 だと高い方のモデルで「Intel Iris Plus Graphics 650」です。ぼくの Windows PC は GeForce GTX 1050 という “ミドル性能” のグラフィックボードを増設していますが、MacBook Pro と比べて2倍以上のグラフィックス性能があります(ベンチマーク的に)。

そして、「Intelグラフィックス」はPC本体のメモリを使ってグラフィック作業用のメモリに割り当てなければならないためメモリをバカ食いするのです。(グラフィックボードはそれ自体にメモリを搭載しているため多くはそれだけでまかなえます)

したがって、グラフィックボードを増設してある Windows PC が 8GB メモリで余裕な作業を Mac では 16GB メモリ必要だということになり、コスパも悪いということなのです。

語弊がないようにいっておきますが、Mac のグラフィック性能は決して低くはありません。CPUのベンチマークだけなら大したもんです。

しかし、Intelグラフィックスしか利用できないという点で、Windows よりもグラフィック処理能力が低いということになるのです。

じゃあ Mac Pro があるじゃん!!

AMDのグラフィックスを積んでいるのでハイスペックですが・・・同価格帯の Windows デスクトップの方が断然性能値は高いですよ。実際に高処理系の3Dオンラインゲームのベンチマークでも図ってみれば差がわかると思います。

未だにグラフィック作業は Mac だと押し付けてくるオジサンたちへ

Macはたしかに画面が美しいし、見た目もお洒落だし、トラックパッド最高だし、ブラウザの動きもなんだかスタイリッシュヌルヌルで快適だし・・・良いこと多くてぼくだって大好きですよっ!!!

でもね、グラフィック系の処理能力は、条件を満たせば圧倒的に Windows PC の方が安くて高性能なんですからね!! そこに関して Mac は残念ながら負けています。「画面が綺麗=グラフィック処理能力が高い」というわけではないですからね。

そしてなにより、以前は Mac じゃないとできなかったことも、今は Windows でも大抵のことはできるんですよ。もはやどちらを使うかは、完全に環境や使い勝手、好みの問題なんです。

だから「グラフィック・クリエイティブ作業をするなら Mac だっ! Windows なんかダメだよ!!」というのはカナリ恥ずかしいことじゃないでしょうかね?

こういうことを言う人って Windows をちゃんと使ったことないんだろうなぁ・・・。