Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

鹿児島グルメ「黒豚・鹿児島ラーメン・氷しろくま」- 鹿児島旅行記④

鹿児島グルメ「黒豚・鹿児島ラーメン・氷しろくま」- 鹿児島旅行記④

Sponsor link

   
 旅・その他

   
 旅・その他

鹿児島旅行記の最後は、今回の鹿児島旅行で出会った絶品グルメを食レポして〆たいと思います。たった3日間の鹿児島滞在でしたので、そこまで多くは紹介できませんが、これから鹿児島旅行へ行かれる方の参考になれば幸いです。

それでは「絶品鹿児島グルメ」いってみよ~!!

Sponsor link

鹿児島といえば「霧島黒豚」(きりしまくろぶた)

鹿児島の名物といえば霧島の「黒豚」です! とりあえず鹿児島を訪れたら黒豚は食べないといけません!!

ひとつ前の鹿児島旅行記③でも紹介した霧島神宮側にある「マテリアランチ.com」の「マテリアランチプレート」の黒豚トンカツは美味ですっ!!

揚げたてサクサクで柔らかジューシーな黒豚トンカツと1日10食限定というプレミアム感がより一層の美味しさを運んできます。超おすすめ!

このマテリアプレートを食べてみたいなら、11:30までに店にいければ食べれると思います!!(土日祝日はムリかもしれません)


鹿児島といえば!「鹿児島ラーメン」

九州はどこへいっても基本「豚骨ラーメン」ですが、同じ豚骨ラーメンでも食す土地によって味もスタイルも様々なんです。ぼくは、福岡・大分・熊本とご当地豚骨を食べ歩いていますが、やはりその土地土地で味が違うんですよね~。

というわけで、鹿児島ラーメンはどうなのかというと・・・

福岡の博多ラーメンも、熊本ラーメンも「細麺」なのですが、鹿児島ラーメンは「中太麺」。味は、中太麺にからみやすくするためか、同じ豚骨なのに「塩ラーメン」に近いアッサリ系でした。

博多ラーメンなんかだと「ザ・豚骨」という感じの濃厚スープのコッテリ味で、熊本ラーメンはニンニクが結構強いパンチの効いた味。鹿児島の豚骨ラーメンは豚骨が苦手な人でもペロッと食べれちゃいそうなそんなアッサリな豚骨ラーメンという分け方になるかと。

豚骨ラーメンって奥が深いですねぇw

そして、付け合せは「紅しょうが」ではなく「桜島大根のお新香」ってところが鹿児島らしくて素敵です♪ しかも旨いんだよコレ。旨すぎて止まらなくなるお新香なんです!!

美味しい鹿児島ラーメンが食べられる店は「豚とろ」

鹿児島県内限定のチェーン店で、多くはありませんが市内以外にもあります。鹿児島ラーメンをどこで食べようか迷ったらここで間違いありません! とても美味しい鹿児島ラーメンを食べることができます。(おすすめは鹿児島市の天文館本店)

余談ですが、関東から訪れたぼくが非常に気になったというか、面白かったのが、やたら「こちらでよろしかったですか?」「3名様でよろしかったですか?」「カウンター席でよろしかったですか?」とひたすら「よろしかったですか?」と連呼します。

生粋の薩摩男児である義弟が言うには「多分こっち(鹿児島)独特の丁寧語表現なんだと思う」だそうです。


  • 名称:豚とろラーメン
  • 営業時間:11:00~3:30
  • 本店は駐車場なし(近隣のコインパーキング)
  • 6店舗くらいあるので検索してみて

最強の鹿児島スイーツ「むじゃきの氷しろくま」

全国的に有名な「しろくまアイス」の本家本元「むじゃき本店」がここ鹿児島市の天文館にあります!! ここは鹿児島へ来たら絶対に行くべきスイーツスポットですよっ!!

先程紹介した「豚とろ」から歩いてすぐのところにあるので、鹿児島ラーメンを食した後にそのまま「むじゃき」で「しろくま」を食べるというコンボが最強です。

しろくまが目印の店舗前。

入り口左側にはテイクアウトブースがあり、中で食べることができなくても本場の氷しろくまが購入できます。ぼくが訪れた時には、修学旅行生がこのテイクアウトブースに群がっていましたw

むじゃき店内はちょっと小洒落た喫茶店といった雰囲気でした。

そしてこれが本家本元の「氷しろくま」です! 左から「ベビーサイズ(宇治金時)」「レギュラーサイズ(白熊)」「スペシャルサイズ(白熊)」です。

ひとりで食べるなら「ベビーサイズ」が良いと思うよっ!! 二人ならレギュラーでも全然足りる・・・スペシャルは4人前だろ・・・これ。 鹿児島女子いわく「スペシャルは2人前」だと言いはりますがねw

知らないで頼むとヒドイことになってしまうのでここに掲載しておきます(笑)

まあ、ぼくはベビーサイズの宇治金時をいただきましたが、噂通り、きめ細かい氷が、クチの中でサッと溶けて甘い宇治金時が口の中に広がります・・・旨い!これは旨いよっ!!

同じなら大きい方が食べたい・・・そんな欲張りうちの子も大満足な「白熊」は濃厚コンデンスミルクがたっぷりで、宇治金時と同じく口の中でサッと溶ける粒子の小さい氷がなんとも言えない爽やかさと甘さを運んでくれます。

関東のスーパーとかで売ってるしろくまアイスとは似て非なるものですね!!

鹿児島に来たら他は忘れても、氷しろくまだけは食べることをおすすめします。


  • 名称:天文館むじゃき
  • 営業時間:10:00~21:30
  • 駐車場(多分ない 近くのコインパーキングにとめました。)
  • URL:http://mujyaki.co.jp/

あとがき

今回の鹿児島旅行でぼくが食べたものトップ3を掲載してみました。どうですか? どれも美味しそうでしょ? ぜひ鹿児島へ行かれた際にはご賞味ください♪

これにて鹿児島旅行記は終了です。①から読んでくださった方は本当にありがとうございます! それでは、よい旅を。

今回、鹿児島空港までの航空券はこちらで手配しました

今回の鹿児島旅行へは「羽田空港 – 鹿児島空港」間の飛行機で行きました。飛行時間は1時間ちょっとなので航空券は安ければ安いほど良い! というわけで「skycket」から最安航空券を検索して、一番安かったソラシドエアをチョイスしました。

skycket サイトはシンプルで見やすく、なかなか検索しやすいです。

 >skycket(スカイチケット)

年末年始からゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク旅行や帰省などに便利でお得な格安航空券を検索できるサイト。予約は片道・往復共に出発の3日前まで可能です。