Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

親子で安全にポケモンGO!子どもが親から離れないようにレッツプレイ!!

親子で安全にポケモンGO!子どもが親から離れないようにレッツプレイ!!

Sponsor link

pokemon-go-title

先日より日本でもサービスが開始された「ポケモンGO」ですが、日本のメディアでは大げさなぐらいネガってます。良い所はあまりとりあげずにネガりまくってます。

まあ、子どもから大人まで安全やモラルに配慮がたりないユーザーがいるのも事実なのでなんとも言えないところではありますが・・・

自分の子がポケモンGO注視でいつ車にはねられるか気が気じゃない親御さんもいるとおもいます。

今回は「こんな方法でポケモンGOを親子で安全に楽しんでみたらいいんじゃない?」という内容でブログします。

ポケモンGO自体はすごいものです

日本では非常に大げさにメディアがポケモンGOをネガっていますが、ポケモンGO自体は今までになかった新技術のゲームですごいんです!!現実と仮想の間にポケモンがいて、それを捕まえることができるんですから!!

なんだか昔やってたアニメ「電脳コイル」を彷彿させるワクワク感があります。

ただ、メディアが大げさにとりあげてディスるから「ポケモンGOをやっている人間=加害者」「やっていない人=被害者」みたいなわけのわからない構図ができあがりつつあるように思えます。

ポケモンGOだってマナーやモラルにかけるバカは一部だけです。歩きタバコやトラックの携帯しながらフラフラ運転だってよく見かけますし、それこそちゃんと厳重注意すべきでしょ?と思うわけで・・・。

子どもには危険がいっぱいの現実世界

まあ、それでも、ポケモンGOプレイ中のお子さんはとくに注意力が散漫になるような気がします。実際にぼくも先日、突然飛び出してきた子どもをバイクで轢きそうになり、あせりました。

親の目の届かないところで、こんな危険なポケモンプレイをしていたら親御さんもさぞかし心配になりますよね・・・。

親子で安全にポケモンGOを楽しむ方法!!

お子さんにSimが入っていないスマートフォンや ipod touch などのWi-Fiでネット接続ができる端末をわたします。

親は自分の端末をテザリングONにして子どもの端末がWi-Fi接続できるようにしてあげます。これはポケットWi-Fiでも可です。

すると、親の半径何メートルから離れると、お子さんの端末はネット接続できなくなりますから、必然的にお子さんは親の側にいることになります。ネットがつながらなきゃポケモンはつかまえられませんからねっ!!

言い方は悪いかもしれませんが、この方法で、子どもにネットワークという仮想のリードをつけて、遠くにいかないようにするのです。

こうすることによって、普段あまりお子さんとコミュニケーションが取れていないお父さんは常にお子さんと行動を共にし歩きますから、自然とコミュニケーションがとれ、親子愛が深まるかもしれません。

そして子どもがネットが接続できる範囲から離れませんから、急な道路への飛び出しや、親の目が届かない場所へいってしまい危険な目にあうこともなくなります。

デメリットとしては・・・・

お父さん!体力に限界がきてもとことん付き合ってあげてください!!(笑)

まとめ

というわけで、今ある環境でお金もかけずに、お手軽に親子で安全にポケモンGOを楽しむ方法をブログしてみました。

ポケモンGOで親子愛でレッツコミュニケーションですよっ!!