Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Windows 10 を導入したらまずはプライバシー設定をしよう!

Windows 10 を導入したらまずはプライバシー設定をしよう!

Sponsor link

      2017/05/22
 Windows

      2017/05/22
 Windows

midashi-windows10

Windows 10 を新規購入、アップグレードどちらにたいしても言えることですが、デフォルトのままだとプライバシー設定が若干心配です。見えないところでMicrosoftへ自分のプライバシーが垂れ流されてしまっています。

Microsoft自体は「問題ない・安心してご利用ください」としていますが、送らなくても良いプライバシーならシャットアウトするに越したことはありませんし、停止することによって若干PCの負荷を軽減できる設定もあります。

今回は「Windows 10 を導入したらまずはプライバシー設定をしよう!」ということでWindows 10 のプライバシー設定についてブログします。

Sponsor link

プライバシーの管理は「設定」から行います

2016-07-21_10h57_44

プライバシーの管理は「スタートメニュー」の「設定」から行います。

2016-07-21_11h00_07

こちらの設定画面がルートウィンドウになります。

では以下から具体的なプライバシーの設定を行っていきましょう。

プライバシーの「全般」設定をしましょう

2016-07-21_11h03_22

まずはルートウィンドウの「プライバシー」を選択します。プライバシー画面になると「全般」タブが選択された状態で開きます。

「プライバシーオプションの変更」から設定していきましょう。

●アプリ間のエクスペリエンスのために…

この項目は、利用中のアプリに対して、Microsoftが個々のユーザーに合わせた広告を選出し表示させるための設定です。別にユニバーサルアプリの広告は踏まないので余計なプライバシーを送る必要もありませんので「オフ」にしちゃいましょう。

●SmartScreen フィルターをオンにして…

ストア(WIndowsストア)内の訪問履歴をMicrosoftに送信する項目です。この送信リストの統計をもとに有害なものを選別したりします。これは別に送信しても役立ちますからぼくは「オン」にしています。

●入力に関する情報をMicrosoftに送信して…

タイピングや手書きの情報をMicrosoftへ送信して、Microsoft IMEの予測変換の精度を上げるためのデータにします。ぼくは完全にこれはNGだと思っているので当然「オフ」にしています。

●Webサイトが言語リストにアクセスできるようにして…

説明書きのとおりなので、オンでもオフでもどちらでも良いと思います。英語圏以外のユーザーはオンにしておくと便利なのかもしれませんが・・・まあよほどの理由がない限りはオンで良いと思います。

位置情報の設定をしよう

2016-07-21_11h24_04

AndroidやiPhoneを利用していれば普通に使っている位置情報(GPS)機能のことです。わざわざ据え置きのPCでまで使いたくないという方はオフにして結構だと思います。

しかし、オフにすると便利な機能に制限がかかりますので、以下の機能が利用してたい場合には位置情報はオンにしておきましょう。

●「Cortana(コルタナ)」を使いたい場合

Androidの「OK Google」や iOSの「Siri」のような音声アシスタントである「コルタナ」を利用したい場合には位置情報「オン」が必須です。

2016-07-21_11h30_32

ただし、位置情報設定画面をスクロールしていくと、位置情報を利用するアプリを個別で選ぶことができますので「コルタナ」のみ利用して、あとのアプリは利用不可という設定方法もできますので臨機応変にやってください。

ぼくはコルタナ使わないですし、マップも位置情報は特に必要ないですから「オフ」にしています。

Ads by - Admax

音声認識・手描き入力・入力の設定

2016-07-21_11h36_51

●自分を知ってもらう…

WindowsとCortanaに自分のクセを学習させて、Microsoft系の検索やコルタナを利用したときにより自分にマッチしたコンテンツが提案されるようになります。ぼくはどうでもよいので「オフ」にしています。「自分を知ってもらわなくても良い」です(笑)

なにせコルタナは使っていませんし、ブラウザはChromeだし、言語入力はGoogle日本語入力ですからね・・・。

●クラウド情報の管理

2016-07-21_11h41_15

Bingに移動してすべてのデバイスの個人情報を管理する・・・を選択し、Microsoftアカウントでログインします。ログイン後に「clear」で個人情報に関するデータをMicrosoftアカウントから削除しましょう。

アカウント情報

2016-07-21_11h47_25

アプリが自分の情報にアクセスしてほしくない場合は「オフ」にします。ぼくは「オフ」にしています。

連絡先

2016-07-21_11h49_16

連絡先を利用できるアプリを個別に選択します。オフにするとアプリの動作が制限されるとか・・困ったことはありませんが?オフにしておくとSNS系のアプリを入れた時に連絡先から誤フォローしたりするのを防いでくれます。

フィードバックと診断

2016-07-21_11h53_04

●フォードバックの間隔

フィードバックとは、MicrosoftからWindows10の使用感などのアンケートを送信する機能で、突然フィードバックウィンドウが浮かんできます。結構うざいので「オフ」です。自分の意見を逐一Microsoftに報告して活かしてもらいたいという方は「週に1度」くらいで設定しておくとよいのではないでしょうか。

●診断データと使用状況データ

何が送られているかわかったもんじゃないので、最低限の「基本」に設定します。オフにすることはできません。


 

以上でプライバシー管理からの設定は完了です。

まだまだあるかもしれませんが、最低限これだけは設定しておきたいものをピックアップしたつもりです。

プライバシー以外の設定は大丈夫ですか?

Windows 10 を導入したら、プライバシーの設定以外にもやったほうが良い設定や、やっておいたほうが便利になる設定があります。以下、本記事の別記事にてまとめてあるのであわせてチェックしてみてください! 多分役に立つと思います。

Windows 10を導入したら真っ先に行うべき初期設定を紹介
新規でのWindows 10 PCの購入やWindows 10 へアップグレードすると、デフォルトの設定のまま使うのは、はっきいって不便です!! 例えばそれは、使い勝手やプライバシー面などで、Microso…